17-1-5

セラミドという成分

肌のバリア機能に関して更に掘り下げて検証するに際しては、セラミドという成分の存在が見逃せません。この成分は皮膚上の水分や油分を適正に保ち、皮膚のバリア機能の維持に重要な役割を担っています。ところがアトピーの方々はこのセラミドが正常な肌の方々の半分程度しか無く、結果皮膚の自己保湿力不足から乾燥肌になりやすい、油分過多から余計な皮脂や外部から付着した汚れ場そのまま皮膚表面に付着し続けてしまうなどの悪循環に陥ってしまいます。

とりわけ肌の水分不足は痒みに繋がり、無意識に掻いてしまった結果、皮膚表面に細かい傷をつけてしまえば、そこからの雑菌の混入が避けられません。バリア機能が低下した状態でこうした更なる負の刺激を与え続けてしまえば、何らかの不具合の発症が避けられずして当然です。「アトピーは掻いたり外部から更なる刺激を与えてはならない」は、この一連の流れを防ぐ必要性に基づく正しい助言ですが、痒みと対峙し続ける当事者にとっては非常に酷な一言に他なりません。

アトピーの更なる悪化防止に際しては、自身の肌にセラミドなる成分が他の人達と比較して少ない事を冷静に踏まえ、乾燥肌となりやすいご自身の肌に充分な水分を安全かつ適正に与え続けるケアが求められます。